2010年05月24日

口蹄疫 東国原知事、宮崎県内に非常事態宣言(毎日新聞)

 東国原英夫知事は18日、家畜伝染病の口蹄疫問題で非常事態宣言を宮崎県内に発令した。知事は会見し「このままでは本県畜産の壊滅はもちろん、隣県や九州、さらには全国にも感染が拡大する可能性を否定できない」と理解を求めた。

【写真で見る】感染拡大が深刻化する口蹄疫

 非常事態宣言では、畜産農家には不要不急の外出を控え、一般県民にも農家訪問の遠慮や車の消毒、各種イベントの延期を求めた。口蹄疫ウイルスは人には感染しないが、人を介して偶蹄(ぐうてい)類に広がる可能性があるためだ。今回の非常事態宣言は法的根拠に基づくものではなく、協力依頼に当たる。

【関連ニュース】
口蹄疫:殺処分対象11万頭を突破 新たに15農家で確認
口蹄疫:「全頭処分」も検討 平野官房長官
口蹄疫:殺処分埋設に16ヘクタール必要…農水省
口蹄疫:3月には感染 被害1市4町に 初動遅れに不満
口蹄疫:横峯さくら選手 賞金全額を対策費に宮崎県へ寄付

Microsoft 社内には 1 万人を超える iPhone ユーザーがいる
<図書館のない村>善意殺到 10日間で絵本1万冊突破--福島・飯舘(毎日新聞)
女子中生の上履き盗む=ネット転売の大学生逮捕―京都府警(時事通信)
副都心線・東新宿駅で保安装置故障 5300人に影響(産経新聞)
<中国>温家宝首相、30日に来日 31日首脳会談(毎日新聞)
posted by モリタ ヨシノリ at 23:59| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

<たわわちゃん>京都タワーのキャラ、仲良しの園児らと茶摘み(毎日新聞)

 宇治田原町の「お茶文化大使」を務める京都タワーのマスコットキャラクター「たわわちゃん」が13日、同町立川の私立うぐいす宇治田原幼稚園(堀陽子園長、園児31人)で園児と一緒に茶摘みを楽しんだ。

 たわわちゃんは08年2月に第10代目の大使に就任。同園訪問は3度目で、園児とは以前、京都タワーで一緒にお茶のPRをしたこともあって仲良しだ。

 この日は同園前の専用茶園(10アール)で、法被姿のたわわちゃんとあかねだすきに姉(あね)さんかぶりの園児らが茶摘み。首からつるした牛乳パックのカゴに柔らかな新芽を入れた。収穫した茶葉は製茶後、園児らに配るほか、たわわちゃんにもプレゼントする。【玉置勝巳】

首相、知事会長に協力要請「沖縄の負担を少しでも軽くしたい」(産経新聞)
<淀川女性遺体>養父ら3人聴取へ 別の女性も変死(毎日新聞)
村井仁長野県知事が退任表明(産経新聞)
中国むさぼる…日本のペットボトルのリサイクル高騰、壊滅の恐れ(産経新聞)
浜教組の教科書不使用指示 文科省が調査開始(産経新聞)
posted by モリタ ヨシノリ at 05:37| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

舛添氏提案の“野合”には乗らず(産経新聞)

【週刊・中田宏】

 誇り高き日本の回復を目指す政治家、中田宏氏(45)の活動を紹介する「週刊・中田宏」。「今週の政治を斬る」では、米軍普天間基地移設問題で沖縄県を訪れた鳩山由起夫首相の発言について聞いた。“勉強不足”と自らを認めた鳩山首相に中田氏は、「参院選で国民の審判を待つのみ」と言い放った。

 1週間の活動の中から3つを選んで紹介する「3大宏動(こうどう)」では、松山市の中村時広市長と地域政党と地方分権に関して意見交換したことなどを取り上げた。

■今週の政治を斬る

【国民の審判待つのみ】

 米軍普天間基地の移設問題をめぐり、4日に沖縄を訪れた鳩山由紀夫首相。

 「県外という話もなかったわけではないが、日米同盟や抑止力の観点から難しい。沖縄に負担をお願いしなければならないという思いで来た」

 かりゆしウェアに身を包んで県庁の仲井真弘多知事を訪ねた鳩山首相はこう切り出した。「最低でも県外」-。昨夏の衆院選から声高に叫び続けていた鳩山首相の姿が一瞬よぎる。

 同日昼は記者団に対し、「昨年は、海兵隊が抑止力として沖縄に存在しなければならないとは思っていなかった。学べば学ぶほど、(海兵隊の各部隊が)連携し、抑止力を維持していることが分かった」と明かした鳩山首相。

 これらの発言に中田氏は、「『思っていなかった』、『学べば学ぶほど』って。学んでなかったってことを自分で言ってしまったのだが…」とあきれ顔で話した。

 普天間基地移設問題に関して、日米同盟は「アジアと世界のインフラ」とこれまでも主張してきた中田氏。「海兵隊はアジアの有事に際して飛び出すものだが、戦闘行為だけではない。スマトラ島沖地震の際にも真っ先に出動し、東南アジアも含めた守備範囲の最前線として沖縄に存在している」と、その重要性を今一度強調する。そのうえで、沖縄県は「その効果を発揮するための地理的環境として適している」とする。

 一連の鳩山首相の言動を「安全保障か沖縄の負担軽減かという問題を並列にしたあげく、負担軽減の方しか考えていなかった」と指摘。「安全保障の中で負担軽減を考えなければいけないはず」と訴える。

 普天間をはじめ、米軍基地が集中する沖縄県。中田氏は、「沖縄を軽視しているのではない」と語る。

 神奈川県が沖縄に次ぐ第2の基地県であることや、昨年まで市長を務めていた横浜市にも約470ヘクタールに及ぶ基地があることをあげ、「沖縄の痛みを分かって言っている。沖縄だからいいという気持ちは毛頭ない。国民の生命を守る観点から言っている」と強調した。

 支持率の低下がとまらない鳩山政権だが、沖縄訪問での一連の発言が、さらに影響するのは避けられそうにない。夏の参院選が間近に迫っているが、中田氏は「自民党のように選挙だからといって首相の首を変えるのは一番卑怯(ひきょう)」と牽制(けんせい)。「選挙で国民の審判を受けるべきだ」と力を込めた。

【選挙協力の段階にない】

 夏の参院選を前に、次々と旗揚げされた「たちあがれ日本」「日本創新党」「新党改革」などの新党。

 自民党に離党届を提出し、除名処分とされた新党改革の舛添要一元厚労相は、新党が連携して参院選比例代表の統一名簿を作成することを提案している。

 産経・FNNが先月行った「参院選、比例代表はどこに投票するか」の合同世論調査では、民主21・2%▽自民17・8%▽みんな10・3%▽新党改革2・5%▽たちあがれ2・0%▽創新1・0%-となった。

 舛添氏は、新党同士の選挙協力で票をバーターしたい考えだ。

 これに対して中田氏は、日本創新党が他の党と連携することは、国会における将来的な連携は「すべては否定しない」としながらも、選挙協力は「今はその段階にない」と断言する。

 政権交代となった昨夏の衆院選をあげ、「理念は共有しないが批判を共有するということで議席を取るというのは、半年前にもう見た」と、選挙対策での政党の寄り合いを批判。「今の日本の政治に必要なのは、国の将来像を共有する仲間が集い、旗を鮮明に立てること」と主張する。

 さらに中田氏は、「辞書で『政党』という言葉をひくと、そこには『議員が5人集まれば…』なんてことは書いてない。『主義主張を同じにする者が政策の実現のために活動する』とある。これが本質」と指摘。政党のありかたそのものを政治家が根本的に考え直すべきだとの認識を示した。

■今週の3大宏動(こうどう)

【“しょうぶ”の日】

 5月5日(水) 茶道裏千家の大宗匠・千玄室氏を、日本創新党立ち上げの報告をかねてあいさつするために訪ねた。千玄室氏は「わが国は文化に対する理解が低すぎる。もっと大事にする国にするためにしっかりやってほしい」と話していたという。帰り際に千玄室氏は、「いい日に来た。今日は“しょうぶ”の日やからな」と、5月5日にちなんだ植物のショウブと勝負をかけた言葉で送った。

【財政の危機感を共有】

 5月6日(木) 高知県の尾崎正直知事と高知市の岡崎誠也市長をぞれぞれ表敬訪問した。尾崎知事は税収を国債が上回った今年度予算をあげ、「国政にはもっとマネジメントの感覚が必要」などと語った。岡崎市長も「国の財政はあと3年くらいしかもたないのでは」などと話し、両首長と財政に対する危機感を共有する訪問となった。

【政党も地方分権すべき】

 5月6日(木) 高知県を離れ愛媛県へ。“首長連合”の盟友でもある松山市の中村時広市長を表敬訪問した。ここでは国政の政党と地域政党の関係や、それぞれの役割について語り合った。

 大阪府では橋下徹知事が「大阪維新の会」を、名古屋市では河村たかし市長が「減税日本」を立ち上げるなど、地域政党の誕生が相次いでいる。松山市でも、市議選を終えたばかりで会派作りをめぐって動きがあるという。

 中田氏は、地域政党の活発化に賛同したうえで、「地方分権の流れのなかで、一番中央集権的なのは政党。政党が分権されていないから行政の分権も進まない」と指摘した。

《中田宏プロフィル》
 昭和39年9月20日生まれ。横浜市青葉区出身。青山学院大学経済学部卒業後、松下政経塾に入塾し、ごみ問題の研究に没頭した。平成5年の衆院選で初当選。14年、37歳の若さで自公民オール与党の支持を得た現職を破り横浜市長選に初当選。18年に再選。ごみの排出量40%削減、職員定数20%削減、入札制度の電子入札・一般競争入札制度化、違法売春街の浄化などタブーなき改革を断行した。21年6月、大阪府の橋下徹知事らと首長連合を組織。同8月に市長を辞任。同10月に新しい政治団体「よい国つくろう!『日本志民(しみん)会議』」を立ち上げた。22年4月18日、新党「日本創新党」を設立。代表幹事に就任した。

【関連:「週刊・中田宏」】
「選対本部長格下げで院政継続」中田氏が小沢氏進退を予測
創新党・中田代表幹事、相次ぐ新党は“自己中”で理念なし
18日に結党、消費税上げは法人税下げとセット
新党理念は「自立」、国家像なき現状日本を憂う
「赤字国債増やすだけ」 中田氏、郵政改革で亀井氏を痛烈批判

週明けから全国的に低温か=気象庁が注意呼び掛け(時事通信)
検証 医療ツーリズム元年(4)先端医療を日本から世界に(医療介護CBニュース)
<東京都文京区>男性職員が初の育休取得 区長「うれしい」(毎日新聞)
産廃の議会質疑めぐり贈収賄、町議ら4人逮捕 徳島(産経新聞)
JR東海社員、東京駅高架下に飛び降り死亡(読売新聞)
posted by モリタ ヨシノリ at 00:38| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。