2010年06月01日

徳之島は「日常的訓練」=普天間移設、本土より高頻度想定―官房長官(時事通信)

 平野博文官房長官は1日午前の参院外交防衛委員会で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設に関する日米共同声明に、鹿児島県・徳之島を訓練移転先の検討対象として明記した理由について、「常態的に一体的運用で行う訓練もある。(本土と沖縄との)距離的な制約はある」と述べ、沖縄に近い同島では本土よりも高い頻度での訓練を想定していることを明らかにした。
 共同声明で言及された日本本土の自衛隊基地への訓練移転について、平野長官は「3週間くらい、(沖縄から)移動して行う訓練」の実施を想定していると説明し、徳之島の位置付けとは明確に区別した。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~社民、連立政権を離脱~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
鳩山首相が漏らしていた「辞意」

<岡本倶楽部>系列ホテル11カ所など捜索 出資法違反容疑(毎日新聞)
診療報酬引き上げ、民主が公約に明記へ(読売新聞)
<漫画家>「東京都の青少年改正案」に反対 創作活動を萎縮(毎日新聞)
高齢者対策が課題―結核部会(医療介護CBニュース)
宮崎で「口蹄疫への義援金」かたる詐欺未遂(読売新聞)
posted by モリタ ヨシノリ at 13:25| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。