2010年05月24日

口蹄疫 東国原知事、宮崎県内に非常事態宣言(毎日新聞)

 東国原英夫知事は18日、家畜伝染病の口蹄疫問題で非常事態宣言を宮崎県内に発令した。知事は会見し「このままでは本県畜産の壊滅はもちろん、隣県や九州、さらには全国にも感染が拡大する可能性を否定できない」と理解を求めた。

【写真で見る】感染拡大が深刻化する口蹄疫

 非常事態宣言では、畜産農家には不要不急の外出を控え、一般県民にも農家訪問の遠慮や車の消毒、各種イベントの延期を求めた。口蹄疫ウイルスは人には感染しないが、人を介して偶蹄(ぐうてい)類に広がる可能性があるためだ。今回の非常事態宣言は法的根拠に基づくものではなく、協力依頼に当たる。

【関連ニュース】
口蹄疫:殺処分対象11万頭を突破 新たに15農家で確認
口蹄疫:「全頭処分」も検討 平野官房長官
口蹄疫:殺処分埋設に16ヘクタール必要…農水省
口蹄疫:3月には感染 被害1市4町に 初動遅れに不満
口蹄疫:横峯さくら選手 賞金全額を対策費に宮崎県へ寄付

Microsoft 社内には 1 万人を超える iPhone ユーザーがいる
<図書館のない村>善意殺到 10日間で絵本1万冊突破--福島・飯舘(毎日新聞)
女子中生の上履き盗む=ネット転売の大学生逮捕―京都府警(時事通信)
副都心線・東新宿駅で保安装置故障 5300人に影響(産経新聞)
<中国>温家宝首相、30日に来日 31日首脳会談(毎日新聞)
posted by モリタ ヨシノリ at 23:59| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。